深津純子   ふかつすみこ

 

2001年に全曲オリジナルのアルバム「フェザー・イン・ジ・エア」、続いて、2作目「スミコ・エン・ラ・ハバナ」を発表した後、3作目目、ドリ・カイミとのコラボレーション「アザ・ブランカ」でBMGからメジャー・デビュー、4作目「キャッチ・ア・レインボー」で、スイングジャーナル誌のゴールドディスクに選定され脚光をあびる。現在までに10枚のリーダーアルバムを発表する。今までにボビー・カルカセス、ケニー・ワーナー、モンティ・アレキサンダー、ベニー・グリーン、ハリー・アレンなどジャズやラテン界の巨匠らとレコーディングなどで共演。自然からインスピレーションを受け、聴く人を自然へといざなう音楽活動を行う。 また、音楽活動と平行して、2013年からは、人々が音楽と自然を通して学び集い、調和の気持ち良さを楽しむためのコミュニティガーデン  ”Leaf& Root” を主宰運営している。

2003年より 千葉県館山市ふるさと大使

SUMIKO FUKATSU

 

A unique and original artist, with the ability to implement a wide variety of music into her performances.  Her music is a mixture of Latin and Jazz music, and she has visited Cuba on many occasions, to find the perfect groove in her music.

 

Sumiko has released 10 albums including her 3rd Album “Asa Blanca” for major label BMG Japan(2002). Her 4th Album “Catch a Rainbow (2003) was also selected as a gold disk by Swing Journal.

 

She has recorded with Bobby Carcasses, Dori Caymmi, Kenny Werner, Benny Green, Monty Alexander,  Harry Allen and other jazz greats, and participated in the International

Jazz Festivals in Canada and Cuba (Havana).

 

Her style is a combination of beautiful melody with upbeat Jazz, Latin and Brazilian grooves, and her music creates a cosmopolitan feeling with a natural spirit, enriching the enjoyment that can be felt”.